大阪の賃貸物件の特徴

大阪の賃貸物件は礼金・保証金という制度があり、礼金は1ヶ月から2ヶ月分、保証金は6ヶ月分というのが相場です。例えば、東京の場合は敷金・礼金がそれぞれ2ヶ月分から0ヶ月と比較的初期費用が少なくてすみますが、更新費用といって、2年ごとに家賃の1ヶ月から2ヶ月分を支払って、新たに次の2年の契約をするというのが相場です。そのように考えると、大阪の場合は初期費用がかかるわけですが、東京と違って2年ごとの更新費用はかかりません。そのようなことを考えると、大阪で賃貸物件を借りる場合は、長く借りることを視野に入れて借りるのが賢明と言えます。同じ家賃額でも、大阪は東京と比較すると月々の家賃は安くて済みます。大阪で賃貸物件を借りる場合には、間取りはもちろん、周辺環境やスーパー、病院の位置などはもちろん、長く借りる場合を想定して、その物件の昼の状況と夜の状況の双方の状況を見た上で借りると失敗することも少ないと思われます。

高円寺 賃貸

急に母が亡くなって親戚に連絡を取りたいけど分からない・・

出張マッサージ 名古屋 人気